知られざる焼き芋の特性

エコハウス138で販売を開始した、焼き芋ですが


お陰様で、大好評!!


・お菓子を食べるぐらいなら

・おまんじゅうを食べるぐらいなら

・菓子パンを食べるぐらいなら


是非!焼き芋を食べてください。


焼き芋には様々な特性があります。


さつまいも(焼き芋)の栄養素など

ヤラピン(この成分はさつまいもにしかありません)

ヤラピンは便通を促進し、大腸の健康を保ってくれます。また、胃の壁の粘膜を守って、消化を促進する作用もあります。

ビタミンC

ビタミンCは抗酸化作用や免疫力UPなど美容には必須の栄養素です。 シミやソバカスができるのを防いでくれます。また、お肌のハリを保つのに有効なコラーゲンはビタミンCが無いと作りだせないのです。

ナイアシン

ナイアシンが不足すると、イライラや不安など精神面が不安定になります。

しっかりと補給しましょう。

炭水化物

さつまいもには豊富な炭水化物があります。炭水化物はグリコーゲンとなり、筋肉を動かすエネルギーになります。

グリコーゲンが不足すれば力が出ないだけでなく、筋肉を分解してエネルギーを生み出します。

せっかくの筋トレが筋肉を分解する作業になります。


クロロゲン酸 クロロゲン酸は、発がん性物質のひとつ、ニトロソアミンの発生を抑制する効果が期待できる。 さらに、このクロロゲン酸は、生活習慣病や老化の元になると言われている、活性酸素を取り除く効果も期待できます。 レジスタントスターチ 内臓脂肪の増加を抑制する効果が期待できる

腸内でいわゆる善玉菌を増やす働きがあるとされ、腸内環境を整える効果が期待できます。



 最新記事
タグ検索

© 2018 Ecohouse138